本文へスキップ

障害のある人もない人もすべての人にやさしい社会を目指して。NPO法人 姫路地区手をつなぐ育成会です。

電話でのお問い合わせは079-285-4810

〒670-0955 姫路市安田三丁目1番地 姫路市総合福祉会館3階 305号室
E-Mail himeji-ikuseikai@nifty.com

NPO法人 姫路地区手をつなぐ育成会

NPO法人 姫路地区手をつなぐ育成会のホームページへようこそ

育成会は1952年に知的障がいを持つ わが子のしあわせを願う3人のお母さんの呼びかけにより 作られ全国に広がりました。
これからも広く手をつなぎ、すべての人がすみやすい社会を作ることを目指します。

青い鳥郵便葉書の無償配布について

今年も郵便局より「青い鳥郵便葉書」の無償配布があります。
療育手帳「A」を持参されている方に、一人年1回20枚無料で配布されます。交換は、4月1日(金)〜5月31日(火)までに障害者手帳を持参の上最寄りの郵便局で申請して下さい。
※育成会でハガキを必要としていますので、もしご寄附頂ければ助かります。よろしくお願いいたします。

障害者の消費者トラブルを防ぎましょう

消費者教育支援センター作成のガイドブックをご紹介します。
障害者が巻き込まれそうな消費者トラブルについて、わかりやすく、まとめられています。  詳しくはこちらから

●お近くの消費者生活センター
             姫路市消費者生活センター
079-221-2110
相談受付/月〜金曜日
         9時〜17時
     (祝日・年始年末を除く)
姫路市役所 本庁
(姫路市安田四丁目1番地)

姫路市内の特別支援学級における
 適切な支援を構築するためのアンケート調査結果
 

NPO 法人 姫路地区手をつなぐ育成会/兵庫県自閉症協会姫路ブロック/兵庫県 LD 親の会「たつの子」はりまブロック
(調査開始:2021 年 9 月 27 日/集計:2021 年 10 月 31 日)
1.ご自身のお立場をお知らせください。

2-1. 教師による「暴言について」:過去 5 年間で姫路市内の小中学校の特別支援学級に在籍している児童生徒が、教師から「暴言を吐かれた」のを実際に見たり聞いたりしたことはありますか。

3-1. 教師による「体罰・虐待・暴力について」:過去 5 年間で姫路市内の小中学校の特別支援学級に在 籍している児童生徒が、教師から「体罰・虐待・暴力を受けた」のを実際に見たり聞いたりしたこ とはありますか。

4-1.姫路市内の小中学校の特別支援学級において児童生徒に不適切な対応があるとしたら、どのような要因が考えられるでしょうか。当てはまるものすべてにチェックをお願い致します。

@教職員(以下、支援員を含む)としての資質の欠如(73.4%)
A教職員の不適格な人権感覚(67.5%)
B教職員の業務上の加重負担
C教職員同士が話し合いにくい雰囲気
D教職員の特別支援教育に関する知識や専門性の不足(80.9%)
E教職員が相談できる体制の不備
F担当する教職員の配置人数の少なさ(56.2%)
G学級の児童生徒の在籍人数過多
H担任以外の職員によるサポート体制の不備(60.5%)
I管理職の責任不履行(53.7%)
J教育委員会の連携体制の不備
K学校以外の相談機関の活用の未周知
L保護者との連携不十分
M分からない Nその他(→「4-2」の自由記述欄に具体的にお書きください)

【自由記述より一部抜粋<記載のまま>】
「お前が悪い。そんなんやから嫌われるんや。お前はやる気がないから教えない」と暴言を吐かれた。
「あほんだら!あやまらんかい!何しょんどい!あほんだら!」と恫喝された。
「お前、障害があるくせに!」と言われた。
「自分で家に帰れるもんなら帰ってみ」と車椅子の生徒に言った。
「こんな問題も答えられんのか」と言って、子どもが答えられなかったら、「ハイ、死んだあ」と言った。
「うるさい!お前よお、ええかげんにせーよ!」という怒鳴り声が兄弟のクラスまで聞こえてきた。
「はよせえや!」と他校との交流の時に何度も怒鳴っていた。
「〇〇は逃げられへんから火事になったら死ぬわ」と避難訓練時に言われ、不登校になった。
・子どもの腕を持って引きずって行かれた。
・プールに放り込まれた。
・傘で叩かれた。
・プールで顔付けが苦手な子の頭を押さえつけて沈めた。
・足をつねられていた。
・ランドセルを持って振り回されていた。
・背中に手形が付くほど叩かれ、尋ねると「鬼ごっこをしてタッチしただけ」と返答が返ってきた。
・鉛筆で手を強く叩かれた。
・子どもをほったらかしにして、担任は畳の部屋で座布団を枕にして寝ていた。
・給食が早く食べられない子どもに対して、無理やり口に食べ物を押し込み、泣く子どもに「泣いても、お母さんは助けてくれないよ!」と怒った。それ以来、給食が食べられなくなった。
・校長に申し出たが、教師をかばい何もしてもらえなかった。
・校長に言っても何もしてもらえなかったので教育委員会に言ったが、それでも何も変わらなかった。

要望書を提出しました。

要望書1

『姫路市宛 要望書』『教育長宛 要望書』  

要望書2 要望書3

10月20日 姫路市教育委員会 回答  

回答

新型コロナのワクチン接種(注射)をする前に知っておいて欲しいこと  

新型コロナのワクチン接種(注射)をする前に知っておいて欲しいこと

職員募集

職員募集

運転ボランティア募集

運転ボランティア募集

新着情報


支援センター ふくっこ  

電話 079-285-3188 /FAX 079-285-4822

サービス内容

移動支援・居宅介護(身体介護・家事援助・通院介助)・行動援護

主たる対象者

知的障害者・身体障害者・障害児・精神障害者

営業日・営業時間

月・火・木・金・土 9時〜17時
休業日 水・日
ただし、12月28日から1月3日までを除く。
サービス提供日は月曜日から日曜日の6時から22時
ただし、12月28日から1月3日を除く。

通常の事業の実施地域

姫路市の一部地域(家島町)を除く全域

相談支援支援センター とろっこ

令和3年5月1日を持ちまして廃止させていただきました。

ページの先頭

福祉サービス

NPO法人
姫路地区手をつなぐ育成会

〒670-0955
姫路市安田三丁目1番地
姫路市総合福祉会館3階 305号室
TEL 079-285-4810
FAX 079-285-4822
E-Mail himeji-ikuseikai@nifty.com
http://himeji-ikuseikai.o.oo7.jp/